スロートレーニングの正しい方法


今日もスロトレでシェイプアップ!!

でも間違った方法では効果はありません。

今日は、スロトレの正しい方法を紹介してみます。

スロトレの方法

スロートレーニングは、石井直方教授が
テレビで紹介して以来、非常に注目を
浴びているトレーニング方法です。

スロートレーニングは、わざと動作(特にネガティブ動作)をゆっくり行うことで、軽い負荷でも高い疲労度を得られ、また、間接に負担を掛けずにトレーニングをできるように考え出された方法です。

怪我を低減させるうえでも非常に効果があるんですね。

ですから、軽い負荷をかけつつ、疲労度が高くなる傾向にあるといえるんじゃないでしょうか?

スロトレをやる際の注意点は、

1.正しいフォーム
2.ゆっくりとした動作
3.負荷を保つ

この3点ですね。

ここを注意してやれば、非常に効果は高くなります。

負荷を保つというのは、筋肉を休めないことですね。

腹筋(クランチ)でいえば、背中の上部が床に触れる
直前に上体を起こすって感じです。

筋肉に休みを与えず、負荷を与え続けることで
筋肉を成長させるわけですね。

ゆっくりした動作で負荷をかけ、筋肉に休みを
与えないことで、筋肉に強い負荷が加わっていると
誤認させることで、筋肉を成長させるんです。

この動画をみながらトライしてみてください。

思った以上に筋肉に負荷がかかりませんでしたか?

スロトレは、高重量を扱わなくてもできるので、関節などへのダメージも少なく安全です。

しかも、高重量で行うトレーニングと同等の効果が得られることが非常にありがたいですよね。

男性はもちろん、女性や、高齢者の方にも安心してオススメできるトレーニング方法ですよ。

スポンサードサイト
スポンサーリンク
スポンサードサイト
スポンサードサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサードサイト

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です