生活習慣病


de253ac0d3cabf344344ff3f9e2bfa49_s

生活習慣病って良く聞くフレーズですが、正確な意味って

もうひとつわかったようなわかってないような・・・

そんな感じなので、今回は生活習慣病を調べてみました。

生活習慣病って?

生活習慣病とは、生活習慣が大きな原因の1つと考えられる病気のこと。

読んで字のごとくって感じですね。

要は、「体が負担と感じる生活習慣」を続けることで

引き起こされる病気のことです。

この生活習慣病で、肥満を併発している場合に

メタボリックシンドロームと診断されます。

糖尿病、脂質代謝異常症、高血圧などがあります。

特にこの3つの症状は自覚症状があまり出ない場合が

多いので、気づかずにそのままにしてしまっている場合いも多いです。

その結果動脈硬化や心疾患を引き起こすので、現在の日本人の

死亡原因であるがん、脳疾患、心臓病も生活習慣と大きな関わりがあります。

以前は年齢を重ねて発症すると考えられていたので

成人病といわれていました。

確かに、そんな言葉を良く聞いた気がしますね。

生活習慣病になる原因

生活習慣病になる原因は

  • 食生活の乱れ
  • 運動不足
  • 過度のストレス
  • 喫煙
  • 過度の飲酒
  • 睡眠不足

などなどです。

どれも、体にいいものではありませんね。

簡単な見分け方は、体が喜んでるかどうか?

要は、しんどいか、しんどくないかですね。

体がしんどいと感じていることは要注意なわけです。

このような習慣を長期間に渡って続けると一時的な症状だったのが

慢性化して生活習慣病、肥満も加わってメタボリックシンドロームになってしまうのです。

生活習慣病にかかる人が多いのは30代から40代ぐらいです。

ただ、最近では食生活の大きな変化や運動不足などで子供の糖尿病患者が急増しています。

メタボリックシンドロームを引き起こさないためにも日頃から生活習慣を見直すようにしましょう。

このお茶はオススメです!


スポンサードサイト
スポンサーリンク
スポンサードサイト
スポンサードサイト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサードサイト

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です